発達障害の人の適職とは?向いている職業と向いていない職業をご紹介!

発達障害は一目見ただけではわからない障害です。発達障害には、注意力を保つことが苦手で衝動的に行動してしまうADHDや、人とコミュニケーションをとるのが苦手なASD、学習に関わる特定の能力が困難になるLDなどの種類があります。近年は発達障害に対する理解が少しずつ深まり、発達障害がある人の活躍の場が広まってきました。
この記事では、発達障害について解説したうえで、発達障害を持つ人にとって適職といえる仕事と向いていない仕事をご紹介します。

 

発達障害とは

発達障害とは、生まれつき脳の発達が通常と異なり、脳の働きに偏りがみられる状態のことを指します。成長するに従って自分自身の不得意とする部分に気付き、苦しむ人も少なくありません。そのため、障害の特性を本人や家族、周囲の人がしっかりと理解し、日常生活の送り方や学校・職場での過ごし方をその人に合わせて工夫する必要があります。

発達障害は、ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム)、LD(学習障害)の3つのタイプに分類されるのが一般的です。いずれのタイプも脳に生まれつき機能障害があることが共通しています。人によって複数のタイプを抱えることもあり、一口に発達障害といってもそれぞれ似て非なる症状があるようです。以下で詳しくみていきましょう。

ADHD(注意欠如・多動性障害)

ADHDは、「注意欠如・多動性障害」のことで、発達障害のうちの1つです。好きなこと以外に対して集中力を持てず、関心や興味を示さない「多動性」や、年齢に見合わない「不注意さ」、頭に浮かんだを即座に実行してしまう「衝動性」の症状を特徴とする障害です。その場その場で適切にコントロールすることが苦手であるため、さまざまな症状からくるミスや不注意などが他の人と比べて目立ちやすく、職場や学校、家庭などにおける日常生活に支障をきたす可能性があります。

一方、多くのADHDの人は、好きな分野や得意な分野では集中力を維持できる傾向にあります。豊かな発想力や独自の視点を持っているともいわれており、衝動性を適切な方向で発揮することによって行動力を発揮することも可能です。

ADHDは大人になってから診断されることも多く、その多くが幼少期に対人関係で悩んでいた方です。成長の過程で自分なりに対策方法を見つけることがありますが、大人になり社会環境が変わることで不注意や衝動などの特徴が目立つこともあります。人間関係の変化から、うつ病や不眠などを発症する方も少なくないようです。

ASD(自閉症スペクトラム)

ASDは「自閉症スペクトラム」のことで、「アスペルガー症候群」などの障害をまとめて呼称したものです。社会的コミュニケーションがうまくとれず、他の人とうまくやりとりができない、反響言葉(オウム返し)、感覚過敏、感覚鈍麻、自分のやり方やルールに強くこだわるといった特徴があります。

自閉症スペクトラムは、問診や心理検査によって診断されます。親の育て方は関係なく、脳の感情や認知などに関与する部分に異常があることが原因だと考えられています。

最近の調査では子どものおよそ20~50人に1人が自閉スペクトラム症と診断されるともいわれており、主に男性に多くみられるという報告もあります。

LD(学習障害)

LDとは「学習障害」のことを指し、知能の発達に遅れはみられないものの、「聞く」、「話す」、「書く」、「読む」、「計算する」といったことが困難になる発達障害です。LDには複数のタイプがあり、読字障害(ディスレクシア)、書字障害(ディスグラフィア)、算数障害(ディスカリキュリア)の3つに分類されます。

学習障害は人によって症状の現れ方が異なり、気付かれにくいことも多いことから診断が難しい障害です。脳機能の障害が原因だと想定されていますが、どの部位が障害を起こしているか、なぜ障害を起こしているか、といったことは未だ解明されていません。

 

発達障害の人にとっての適職とは

発達障害を持つ人は、前述のとおり発想力や物事を見る視点に強みを持ち、得意なことや好きなことには高い能力を発揮できることが多くあります。得意なことを上手に活かすことによって、社会での活躍が見込めるでしょう。ここでは、発達障害の3タイプごとに向いている職業をご紹介します。

ADHDの人に向いている職業

ADHDの特性は、「落ち着きがない」、「注意不足の多さ」、そして「行動を即座に実行に移してしまう(衝動性)」の3つです。

これらの特性のため、仕事でのミスが多くなったり、遅刻や欠勤をしてしまったり、ということが起こりがちです。そのため、電話対応などといった一人で完結しなくてはいけない仕事は、集中力が続きにくく不向きでしょう。

ADHDの特性から、毎日異なる作業をする仕事がADHDの人に向いているといえるでしょう。たとえば、ものづくりに関する仕事や調理師、旅行ジャーナリストなどです。

また、ADHDの人はアイデアが豊富で好奇心が強いことから、デザイナーや広告、ゲームなどのプランナーも向いている傾向にあるといえます。

ASDの人に向いている職業

ASDの人は、「社会的な通念やその場の空気、表情から物事を読み取るのが苦手」、「他者とのコミュニケーションを取ることが苦手」、「こだわりが強い」という特性があります。

そのため、多人数での行動が苦手であり、冗談が通じない、空気が読めないなどと言われてしまうことも少なくありません。他者と接することが多く、マニュアル通りにいかない仕事には向いていません。

ASDの人が向いている職業は、「他人とコミュニケーションを多く取らなくていい仕事」でしょう。また、1つの物事に対して突出して高い集中力を発揮するという特性もあることから、それぞれの得意分野を活かした職場を探すと良いでしょう。

その他、プログラマーやデザイナー、研究職、エンジニア、校正・校閲、工場におけるライン作業など、同じことをコツコツと続けられる職業も向いています。

LDの人に向いている職業

LDの人は、「学習に関する特定の能力が欠けていて、実行が難しい」という特性を持っています。
そのため、苦手を感じている分野によってできないことが異なります。知的能力には問題はないものの、読み書きや計算などの学習に関する特定の能力が困難になるのです。

LDの人は、視覚で物事を把握するデザイナーやカメラマンの他、コピー&ペーストを使用するデータ入力業務、広告関係の仕事が向いているといえます。

なお、俳優のトム・クルーズさんもLDの「読字障害」です。彼は台本を他の人に読んでもらい、それを聞くことでセリフを覚えているそうです。このように、自分が苦手とする分野に対して自ら工夫すれば、仕事の幅も広がるでしょう。

 

発達障害の人にとって向いていない職業とは

発達障害の人は、その特性上、仕事の向き不向きが明確に表れやすい傾向にあります。そのため、向いていない仕事に就いてしまった場合は、不安やストレスを抱えてうつ病などの二次障害を引き起こしやすいといわれています。ここでご紹介する「向いていない職業」を念頭に、適切に仕事を選びましょう。

ADHDの人に向いていない職業

ADHDの人の場合、「注意力が欠如してしまうこと」が仕事をする上で一番の障害となってしまうでしょう。医師やパイロットなど、ケアレスミスが許されない仕事はADHDの人は向いていないといえます。

また、ADHDの人は衝動性などの影響により、時に不用意な発言をしてしまうことがあります。それによって相手を不愉快にさせてしまう恐れのある、接客や営業などの仕事も適職とはいえません。

さらに、マルチタスクが苦手なことから、事務職や秘書など、複数の作業を並行して行う能力が必要な仕事も難しいといえます。

ASDの人に向いていない職業

ASDの人は、人とコミュニケーションをとることが苦手であったり、興味が持てない分野の物事に関しては集中力を保ちづらかったりする特性があります。そのため、高いコミュニケーション能力が求められる販売業や接客業、営業などの職業や、マルチタスクの能力が必要となるテレフォンオペレーター、一般事務などの仕事は不向きでしょう。

LDの人に向いていない職業

LDの人は、苦手とすることが人によって大きく違うため、不向きな職業はこれであると言い切ることが難しい傾向にあります。ただし、苦手な業務が多い仕事である場合、困難な場面が増えることでストレスを抱えてしまうことがあります。

具体的には、LDの人は全体像を読み取る能力が優れている人が多く、細かく情報を読み取る必要がある仕事は苦手な人が多いといわれています。

 

まとめ

この記事では、発達障害の種類別に、向いている職業と向いていない職業をご紹介しました。発達障害は必ずしも3種類のうちのどれか1つに当てはまるわけではなく、人によって複数のタイプにまたがることもあります。
いずれにせよ、障害名はあくまでも1つの基準です。仕事を選ぶ際は、「その人にとって」どんな職業が合っているか、本人と周囲が一緒に考えていく姿勢を忘れてはなりません。