障害者雇用の面接で聞かれる重要なポイントとは?必要な事前準備を解説!

近年政府によって提唱されている働き方改革のための施策の一つに、障害者雇用対策があります。
一億総活躍社会の創出のために、障害のある人も障害のない人も同じように働く機会を持てる環境を整えようとするものです。
しかし、いくら雇用の機会が広がったとはいえ、障害者の中には、障害のない人と同じように面接を受け、安定して働き続けることが困難な人もいます。
また、採用面接では、企業側も障害の程度を把握しなければなりませんから、自分の障害が仕事上のどのような場面でどのような影響があるかについて説明できるよう事前の対策が重要になります。
この記事では、障害者雇用の概要を解説すると共に、障害者雇用の面接で必要な事前準備や面接で良く聞かれるポイントについてご紹介していきます。
障害者雇用について詳しく知りたい方や障害者雇用での採用を考えている方は、ぜひ参考ください。

 

障害者雇用とは

障害者雇用とは、「障害者雇用枠」での採用をいいます。
障害者雇用枠とは、障害のある人が働く機会を得やすくするために特別に設けられた雇用枠のことです。障害のある人がない人と同様の方法で就職しようとしても、能力や条件面などで不利になってしまう場合があります。
そのため、障害者雇用促進法43条では、従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者・知的障害者・精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があると定めています。
この法定雇用率を達成するために設けられたのが「障害者雇用枠」なのです。現在、民間企業の法定雇用率は2.2%(令和3年3月1日から法定雇用率が2.3%に引き上がり、対象となる事業主の範囲も変わります)です。従業員を45.5人以上雇用している事業主は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。
また、障害者雇用のために専門の子会社(特例子会社)をつくり、ここで障害者を採用した場合も障害者雇用率に算定することができます。

障害者雇用と一般雇用では、障害があることを理解された上で雇用される点で違いがあります。
障害者雇用の場合は、企業は障害の特性や体調に合わせた配慮をする義務がありますが、障害を隠して一般雇用で採用された場合、企業にこのような配慮はありません。

 

障害者雇用の面接を受ける前の準備

障害者雇用枠での雇用を目指すには、一般雇用の場合と同じように自治体もしくは企業の面接に合格して採用される必要があります。面接を受けるにあたっては前もって準備しておくことがいくつかあります。以下に挙げた項目について確認をしましょう。

仕事内容をこなせるかよく考える

はじめに、応募する職種やその仕事内容について、自身の体調面も含めた上できちんとこなすことができるかどうかよく考えましょう。
「この仕事内容なら私に合っていそうだな、体調面から考えてこの勤務日数や勤務時間ならやっていけそう」と仕事内容と体調面の両方から、仕事ができるのかどうかを考慮する必要があります。
仕事内容のスキルはあっても体調面が思わしくない場合は、まずは体調を整え、現状の体調でもできそうな仕事を探すことが大切です。

生活のリズムを整える

次に、生活のリズムを整えることは、非常に大切な準備の一つです。
なぜなら、生活のリズムは仕事をこなす上で、いわばピラミッドの台座にあたる部分だからです。
睡眠不足や寝すぎが集中力や気持ちに影響することもあるため、生活リズム一が不安定だと、せっかく仕事のスキルがあっても仕事を続けることが苦しくなってしまう可能性があります。
昼夜逆転している人や夜型の生活の人など、生活リズムが不安定な人は、まず、朝にきちんと起きて夜によく寝るという、一日の生活のリズムを整えることから始めましょう。

自身の障害について説明できるようにする

続いて、自分の障害について、障害名はもちろんのこと、どのような障害があるのかきちんと人に説明ができるようになることは、採用面接においてはとても大切なことです。
そのためにも普段の生活の中で、どんな時に不調となるのか、どんなことで苦しんでいるのかを明確にしておく必要があります。普段から自分の体調についてメモをとり、最終的にはリストアップしておくと良いでしょう。そうすることで客観的に自分の障害について知ることができます。
また、自分には何ができて、何が苦手なのかを把握しておくことも大切です。障害者に限らず、誰でも得手不得手はあるものですが、特別な配慮が必要だと思うときは事前にきちんと伝える必要があります。
苦手なことに関しては、具体的に「苦手な人間関係、苦手な業務、苦手な行動」といったようにまとめておくと良いでしょう。さらに、苦手なことに対してこれまで行ってきた対応策や工夫についても説明できるようにしましょう。

志望動機と自己PRを用意する

面接に向けて、志望動機と自己PRを用意しましょう。
障害者雇用の面接では、障害についての質問に次いで聞かれるのが、志望動機と自己PRになります。自分が企業で役に立つと思わせるような説明ができるよう準備をしましょう。

志望動機はなぜその会社で働きたいか、納得できる内容で簡潔に説明する必要があります。そのために大切なのは企業分析です。希望する企業の事業内容や応募する職種の具体的な仕事内容をある程度下調べして、そのなかから自分が共感した点、良いと思った点を見つけ、なぜ良いと思ったのか、なぜその会社で働きたいと思うかを整理しましょう。

また、自己PRは、自分がどのような面で会社の役に立てるかをアピールする機会です。ここでは自己分析が重要になります。これまでに働いた経験がある場合は、前職での実例を踏まえ、希望した企業でも生かせる内容を考えましょう。働いた経験がなくても、学生時代の部活やサークルでの経験やアルバイトの経験などで、自分が良い関わりができた出来事や行動を分析し、仕事にも活かせるというアピール内容を考えると良いでしょう。

 

障害者雇用の面接でよく聞かれるポイント

実際に障害者雇用の面接でよく聞かれるポイントについて以下にまとめしました。
退職理由や障害についての詳細、仕事や健康面での配慮などがよく聞かれる項目です。きちんと整理して準備しておかないと上手く受け答えができない項目が多いため気をつけましょう。

退職理由

はじめに、「退職理由について」です。退職理由に関連する質問は転職の場合は必ずといってよいほど聞かれる項目です。退職理由は障害が関係していたとしても正直に話しましょう。
また、退職理由はネガティブな内容になりがちですが、良い理由で退職する人があまりいないのは面接担当者もわかっているので、自分に合わなかった部分を冷静に分析し、次に生かす方法を考えているかどうかが問われます。「この業務が嫌だったから」や「この人が嫌だったから」といった表現を避け、プラスの方向で話をまとめるとよいでしょう。
「またうちの会社でも同じことになるのでは」とマイナスなイメージを面接担当者に持たれないよう、退職についてどのように捉えたのか、何を学んだのか、今後どのようしていきたいのか、を説明し、志望動機ともつなげて「だからこの仕事がしたいからです」とまとめられるとよいでしょう。

職務経歴

次に、職務経歴についてです。
職務経歴はだらだらと今までの経歴を話していくのではなく、希望している企業の仕事について、今までの経験を生かせる内容を強調して話しましょう。
なぜなら、面接担当者は職務経歴を通じて、自社で必要とする能力や経験を持っているかということを判断するからです。
働いた経験がない場合は、コミュニケーション能力や責任感、正確さなど、どのような仕事でも必要とされる内容について、自分の強みを紹介できるエピソードを話していきましょう。
応募する企業が何を求めているのかをよく理解をして、自分のアピールポイントにつなげていけるとよいでしょう。

障害についての詳細

続いて、障害についての詳細は、障害者雇用の面接では間違いなく聞かれる質問の一つです。これは、採用にあたってどのような配慮が必要なのか、長く一緒に働くために会社が何を準備できるかを検討するための質問でもあります。

まず、できることとできないことを明確にしましょう。とは言っても、「これは出来ません」と一点張りをするのではなく、「この仕事は難しいですが、こういう仕事はこんな工夫をすればできます」といったように、前向きな姿勢で回答するようにしましょう。応募者と企業との両方で、どのような工夫をして協力体制を築いていくのかにあたり「私はこのような工夫をして頑張りたいです」という前向きな姿勢を面接担当者に伝えることがとても大事です。
また、面接担当者としても、自身の障害についてきちんと説明ができる人に安心感を持ちます。

そして、障害について面接担当者に伝える時は、障害の過去、現在、未来について整理して伝えることが重要です。
つまり、障害発症の経緯、現在の障害の状態、将来どのような経過をたどる可能性があるかなどをわかりやすく整理しておきます。
障害について正確に情報が伝わらなければ、仕事が始まってから不便を感じてしまうことになりかねません。自分の障害の特性や働くときにお願いしたい配慮がある場合は、面接担当者にきちんと伝えておくと安心です。

仕事で必要な配慮

続いて、仕事上で必要な配慮はないかどうかについてもよく聞かれる内容の一つです。
企業には障害がある人とない人の就労機会や待遇を平等に確保し、障害がある人が能力を発揮するために支障となる状況を改善することが義務付けられています。これを「合理的配慮」といいます。

したがって、仕事をするうえで必要な配慮があれば、企業は環境を整える必要がるため、事前に聞いておきたい項目の一つとなります。
過去の自分の経験を振り返り、どういう時に困ったことが生じたかよく考えましょう。
その中で、設備等のハード面と周囲の理解・協力といったソフト面について分けて整理をし、自分に必要な仕事上での配慮を具体的に伝えていきましょう。

健康面の配慮

最後に、通院日などを含めた健康面での配慮がいるかについても答えられるようにしておきましょう。
健康面で不安なことや配慮をお願いしたいことを素直に面接担当者に伝えましょう。
そして、週何日勤務できるか、残業ができるか、通院日など、配慮してもらいたい事項を具体的に伝えられるようにすることが大切です。
また、配慮をお願いするときには、優先順位をつけておきましょう。
いくら義務といっても企業側の配慮は働く限りは続くことなので、あまりに多くのことは配慮できない可能性があります。あれもこれもと要求するよりは「これだけはお願いします」という姿勢で答えると良いでしょう。
このように優先順位をつけることで、企業も障害者も安心して雇用関係を構築することができるでしょう。

 

まとめ

この記事では、障害者雇用の面接についてご紹介させていただきました。
障害者雇用の面接において、もっとも大切なことは、自身の障害の特性についての深い理解を持ち、きちんとした説明ができることです。もちろん、志望動機や自己PR、退職理由、職務経歴などの準備も大事ですが、自分の障害の特性を知り、それでもやりたい仕事を見つけ、挑戦したいという姿勢を見せることが、障害者雇用の面接合格の近道となるでしょう。