ADHDの人が転職で成功するには?向いている仕事や仕事の探し方について

ADHDの方のなかには、周囲との付き合い方や業務で不安を感じ、転職を考える人も多いでしょう。しかし、転職後も同じことの繰り返しになるのではないか、と一歩を踏み出せずにいる方もいるかもしれません。

この記事では、ADHDの人に向いている仕事の種類や転職の方法について解説します。自身の特性やスキルに合った職場を探せれば、自身の能力を存分に発揮できるでしょう。

 

ADHDとは

ADHDとは「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」と呼ばれる発達障害の一つです。
症状には不注意・多動性・衝動性の3つがあります。ここではそれら3つの症状を簡単に説明します。

不注意

1つのことに集中しすぎて、それ以外のことに注意が向かず「ケアレスミス」や「物忘れ」が多くなります。
また、気が散りやすく、集中力が長続きしません。仕事の計画を立てることが苦手であるため、納期に間に合わない、任された仕事を忘れるなどが起こります。

多動性

落ち着きがなく、じっとしていられないなどの症状です。
行動として表れるため、子どものときにADHDだと発覚する可能性が高く、大人になると症状が治まっていることが多いです。
ただし、大人になっても、手足や、精神的な落ち着きが見られない場合もあります。

衝動性

順番が待てない、他人の話に口を挟むなどの症状があります。
また、思ったことを口に出したり、怒りをコントロールできなかったりするため、職場の対人関係が悪化することがあります。

ADHDの症状は、本人の努力不足などではありません。むしろ一生懸命に働いているのにミスが生じ、激しい落ち込みから抑うつなどの症状につながってしまう方もいます。

 

ADHDの人が転職を成功させるためのポイント

では、ADHDの人が転職を成功するために必要なことはどんなことでしょうか。
ここでは3つにポイントを絞ってご紹介します。

自分の障害について理解を深める

ADHDの症状には、不注意の症状が強く表れる人、多動性・衝動性の症状が表れる人、どちらも混合して表れる人などさまざまです。
そのため、まずは自分の障害特性について知りましょう。

自分がよくしてしまうミスや失敗などを挙げ、状況やミスの内容、自分の行った行動などを整理してみましょう。自分の行動を客観視することで、対策も検討できます。
また、自分の障害について深く理解することで、人に説明を行いやすくなります。周囲の障害に対する理解が深められれば、サポートしてくれる機会も増えることでしょう。

自分のスキルを再検討する

転職活動にあたって、自分をアピールするために自分のスキルを再確認しておくことが重要です。
自分の障害を把握したうえで、自分が得意なこと・苦手なことを認識しておきましょう。

ADHDの人は、自分の興味のある者には突出した能力を発揮します。
具体的には、並行作業は苦手だけど1つの作業に集中できること、思考能力を生かしアイディアを次々に出せるなどです。

発達障害者支援センターを活用する

発達障害者支援センターとは、ADHDを含む発達障害の方の日常生活をサポートしてくれる場所です。年齢制限はなく、発達障害者の家族や、障害の可能性がある人も利用できます。主に都道府県や各自治体が窓口です。

就労希望の場合、就労相談はもちろん、ハローワーク、地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターなどさまざまな労働期間と連携して情報を提供します。
就労先が決まったあとも、担当のスタッフが環境整備のための助言、サポートなどを行ってくれます。

 

ADHDの人に向いている仕事とは

ADHDの方に適した職業はどのようなものがあるのでしょうか。
以下では、ADHDの方に向いている仕事をご紹介します。自分の障害特性を考慮しながら、参考にしてください。

システムエンジニアの仕事

マルチタスクが苦手なADHDの方には、一つの作業を集中して行うシステムエンジニアやプログラマーなどが向いているといわれています。
ADHDの方は興味・関心と職種の専門性が一致した際には、能力を最大限に発揮できる可能性があります。そのため、専門技術職はADHDの方に向いている職業といえます。

また、システムエンジニアは、フレックス制や在宅勤務を取り入れている会社が多く、場所や時間にとらわれず働けるメリットもあります。
ただし、これらの仕事には納期があるため、ワークスケジュールを組むことが苦手な方は注意が必要です。

アーティスト系の仕事

ADHDの特性である「創造性豊かでアイデアをすぐに出せる」、「興味がある分野では集中力や才能を発揮する」ということを活かせば、アーティスト方面で活躍することもできます。
具体的には、ミュージシャンや漫画家・カメラマン・スタイリストなどです。

デザイナー系の仕事

Webデザイナーなどのデザイナーの仕事も、ADHDの方に向いているでしょう。
自分のアイデアや、独自の発想力を活かして活躍できます。
また、デザイナー系の仕事はフリーランスなど柔軟な働き方をしている方が多く、自分のペースで活躍できるでしょう。

 

ADHDの人におすすめの転職方法

ここでは、ADHDの方におすすめの転職方法についてご紹介します。

ハローワークを活用する

ハローワークでは「障害者トライアル雇用事業」「若年コミュニケーション能力要支援者就職プログラム」「発達障害者雇用トータルサポーター」というサービスを提供しています。
以下ではこの3つのサービスをくわしくご説明します。

障害者トライアル雇用事業

障害を持つ方を原則3ヵ月試行雇用することで、継続して雇用するか判断するサービスです。
なかには週20時間未満からスタートして、20時間以上の勤務を目指すコースもあります。

若年コミュニケーション能力要支援者就職プログラム

ADHDが理由で対人関係に悩んでいる方の希望や、特性に応じて支援センターに連携します。
専門支援を希望しない方でも、個別相談を実施しています。

発達障害者雇用トータルサポーター

カウンセリングなど就職に向けた支援を行っているサービスです。
ただし、13の地域のハローワークのみ実施されているサービスなので、利用を希望している方は事前に確認が必要です。

精神障害者保健福祉手帳を取得する

精神障害者保健福祉手帳とは、精神疾患が原因で日常生活・社会生活に困難が生じる人に発行される証明書のことです。
市役所などの障害福祉課で申請でき、交付が認められれば、2年ごとの更新が必要です。
精神障害者保健福祉手帳を利用することで、障害者枠での雇用が可能になります。
障害者雇用では、障害の特性に合わせた配慮を受けることができ、体調・精神的な不調から勤務スケジュールを調整することも可能です。

障害者枠で転職支援サービスを利用する

障害者枠での転職はハローワークだけではなく、一般企業が運営する「転職支援サービス」もあります。
転職支援サービスとは転職のプロに支援してもらいながら、実際に転職に成功するまでサポートしてくれるサービスです。
具体的には、自分の強みや転職先にどういった配慮をしてほしいかの相談や、面接の対策、応募書類の添削などを行い、希望に沿った求人を紹介があります。

障害者枠の求人数は少ないため、転職先が見つかるのか、不安に思う方もいるかもしれません。
しかし、「障害者雇用促進法」で、一定規模の企業は従業員数の2%程度障害者を雇用する義務が定められているため、安心して転職活動を進められます。

 

まとめ

この記事では、ADHDの人の転職についてご紹介してきました。
ADHDに限らず、障害を持った人はなかなか「転職なんてできない」と思いがちです。
しかし、自分の障害について知識を持ち、自分の強みを分析すれば転職もそう難しくはありません。ADHDの人は一般の人と比べ、集中力やアイデアを出すことに秀でているので、その特性を生かし自分のあった企業にエントリーしてみましょう。