睡眠障害をお持ちの方が幸せに働くためのポイントは?

ストレス社会の現代において、睡眠に何らかの障害を抱えている方が増加傾向にあります。
睡眠障害は目につきにくい症状も多いことから、周囲からの理解がなかなか得られない側面もあります。

また、睡眠障害を抱えながらの就業は、眠気による事故や怪我につながる可能性があります。
この記事では睡眠障害の基礎知識をはじめ、睡眠障害を抱える方が安全に仕事をするために知っておくべき課題やポイントについて、ご紹介します。

睡眠障害とは

一般に睡眠障害とは、睡眠に関連するさまざまな疾患を総称したものです。
良好な睡眠が妨げられることで夜中に覚醒してしまったり、日中に睡魔に襲われたり、だるさやしんどさに悩まされたりします。

起きるべき時間帯にきちんと覚醒できないことや、仕事や勉強に集中できないことも多くなるため、非常につらい病気と言えるでしょう。
それだけでなく、睡眠障害は外から見ただけではなかなか判断しづらいため、やる気がない、あるいは怠けているなどと誤解されてしまったり、集中力の低下により失敗が増えてしまったりと、社会的に不利な状況に追い込まれることも少なくありません。

睡眠障害といわれるものには、大きく分けて以下で紹介する6種類があります。

不眠症

通常は眠っているべき夜間などの時間帯に何からの原因で十分な睡眠をとれなくなり、日中など活動すべき時間帯のパフォーマンスが低下してしまう症状です。
夜間になかなか寝付けなかったり、途中で目が覚めてしまったり、目覚めが早すぎたり、眠りが浅かったりするなど、睡眠に関する不調が1ヶ月以上にわたって続き、日中にだるさや注意散漫、抑うつやめまい、意欲や生理的欲求の低下などが不眠症の主な症状です。

不眠症の原因としては、ストレス性の場合が多くなりますが、心身の病気や薬剤の作用により発症するケースもあります。
また、不眠症は大きく精神的ストレスが原因の「一次性不眠症」と、精神や身体の疾患、あるいは薬物の摂取・不摂取によって引き起こされる「二次性不眠症」に分けられます。

過眠症

日頃から夜間に十分な睡眠を取っているにもかかわらず、日中などの時間帯に眠気に襲われるのが過眠症の特徴です。
過眠症の主な症状には、1日中漫然と眠気が止まらない「突発性過眠症」のほかに、1日の内に何回も強力な眠気に襲われて眠りに落ちてしまう「ナルコレプシー」があります。

また、さまざまな薬物の副作用で活動時間中に眠気が出てしまうケースもあります。
過眠症は勉強や仕事に支障が出るだけではなく、事故や怪我の加害者・被害者になってしまう危険があるため、注意が必要です。

概日リズム睡眠障害

概日リズムとは、人間に生得的に備わっている体内時計の周期です。
人間の体内時計は約25時間周期で、地球の自転周期である24時間とは1時間程度ずれています。

通常は「リズム」としてシンクロしているこの1時間のズレが、何らかの原因によって上手くいかなくなることで引き起こされるのが概日リズム睡眠障害です。
概日リズム睡眠障害が生じた場合、覚醒と睡眠のリズムを自然な状態に整えようと努力しているにもかかわらず、眠気や倦怠(けんたい)感、頭痛などが生じてしまい、自分の意思での修正が困難になってしまいます。

睡眠時呼吸障害

入眠後に呼吸が停止してしまい、脳や身体が酸欠を起こすことで目が覚めてしまう睡眠障害の一種が睡眠時無呼吸症候群です。
睡眠時無呼吸症候群には、1度目が覚めてから再び入眠できたとしてもまた呼吸が停止して目覚めてしまい、これを繰り返すことで慢性的な睡眠不足になるという悪循環を生み出してしまうという特徴があります。

さらに、長い時間にわたって酸欠状態が続くことで、高血圧や動脈硬化、糖尿病など、恐ろしい生活習慣病の発症や悪化につながる危険性もあります。
放置すると命に関わることも少なくないため、早めに治療などの対策を打つ必要があるでしょう。

睡眠関連運動障害

睡眠関連運動障害には、「周期性四肢運動障害」や「むずむず脚(レストレスレッグス)症候群」などがあります。

周期性四肢運動障害は、睡眠時間中の無意識な状態にもかかわらず、四肢(両手両足)の運動が繰り返して引き起こされるのが主な特徴です。
この四肢の運動が脳神経への刺激となることで睡眠途中に覚醒してしまったり、睡眠の質が悪くなったりするため、日中でも眠気が取れない状態が続いてしまいます。

むずむず脚症候群は、日没ごろから真夜中にかけての入眠へと向かう時間帯に、脚部にむずむず感が発生してしまい、眠れなくなってしまったり、睡眠途中で目覚めてしまったりします。
むずむず脚症候群の原因の1つは、遺伝子が関係していると考えられています。

睡眠時随伴症

睡眠時随伴症には、「睡眠麻痺(まひ)」や「睡眠時遊行症」、「睡眠時驚愕(がく)症」などの種類があります。
睡眠麻痺はいわゆる金縛りや悪夢・寝言などの症状が表れるのが特徴です。

睡眠時遊行症は睡眠時に無自覚に起き上がって歩き回ってしまい、睡眠時驚愕症は睡眠途中の発汗・頻脈とともに叫んで目覚めてしまうというのが主な症状です。
睡眠時随伴症の主な原因は、睡眠中や睡眠と覚醒との移行の際に、神経活動が亢進(こうしん)してしまうことであると考えられています。

睡眠障害者が仕事をするうえでの課題

辛い睡眠障害を抱えていても、仕事をしたい、仕事をしなければならないという方は多いでしょう。
睡眠障害者の方が仕事をするとき、課題となるのはどのような点でしょうか。

障害の説明が難しい

まず、自分の障害を説明することの困難さがあるでしょう。
上司や同僚から、集中力の低下や眠気の原因について問われたとしても、睡眠障害を持っていると言い出すのは勇気がいります。

また医学的にも不明点の多い障害であるため、本人の口から合理的な説明をするのは難しいかもしれません。

障害が理解されづらい

睡眠障害は一見したところでは症状が分かりづらいため、周囲からの理解を得られない場合があります。

集中力の低下が原因になって仕事でミスをしたり、勤怠状況が不規則になったりということがあるかもしれません。
もちろん、望んでそうなっているわけではないとは言え、周囲からは真面目に仕事をしていない、あるいは怠けていると思われてしまうかもしれません。

また、障害について一生懸命に説明しようとしても、理解されずに根性や努力の問題にされてしまうと、説明するのが嫌になってしまうかもしれません。

良好な職場環境が見つかりにくい

上述した課題に加えて、以前よりも一般社会での睡眠障害に対する認知は進んできたとはいえ、十分な理解と配慮が受けられる職場に巡り合うことは、まだまだ容易ではないと言えます。
もし、睡眠障害であると認められたとしても、傷病手当金や有給休暇などの合理的配慮を受けられる制度が十分に整っている職場は多くありません。

また、障害に関する内容は求人票に明記されていることが少ないため、睡眠障害と向き合いながら長期雇用可能な職場を見つけることは、多くの困難を伴うと言えるでしょう。

睡眠障害者が仕事を探す流れ

睡眠障害者の方はどのように仕事を探せばよいのでしょうか。主な流れを見ていきましょう。

まずは自分自身をよく知る

求職活動全般に言えることですが、まずは自己分析から始めてみましょう。

例えば、自身の睡眠状態を知るための簡単な方法として、世界保健機関(WHO)が策定した「アテネ不眠尺度(AIS)」があります。
各選択肢に点数が割り振られたいくつかの質問に答えて、合計された点数によって不眠症の程度が自己診断できるというものです。

もちろん万能ではありませんが、自身の状態を知るためには便利な方法と言えます。
他にも、睡眠に関するチェックシートなどを活用すればオンライン上での自己診断も可能です。

理解と配慮がある職場を探す

一般公開されている求人票などを見ているだけでは、理解と配慮がある職場を見つけるのが困難になるため、障害専門の担当者がいる就労支援施設を頼ってみるのも良いかもしれません。

ハローワークでも障害専門担当者と一緒に障害者枠の仕事を検索できますし、民間の紹介会社でも障害者を対象にした求人情報提供と支援に力を入れているところがいくつか存在します。
睡眠障害は現代社会では少なくない症状であるため、理解を示してくれる担当者もいるでしょう。

医師など専門家にも相談する

夜間に一時的に眠れなかったり、日中に眠気を催してしまったりすること自体は、健康な方にもよく見られるでしょう。

医師などの専門家に相談したほうがよい目安は、睡眠に関係する不調が1ヶ月以上にわたって継続しており、自身で修正しようとしても改善しない場合です。
睡眠障害は、自分の意思と努力だけでは解決が難しい症状であるため、内科・心療内科や精神科の医師など、精密な知識と治療技術をもった専門家に相談するのが良いでしょう。

また、一定の規模の会社には産業医が配置されているため、つながりを持っておくことも重要です。

睡眠障害者の職場定着のコツ

ここでは、睡眠障害と上手に付き合いながら長く仕事を続けるためのコツをご紹介します。

労働条件をよく確認する

睡眠障害があっても不当な扱いがなさそうな職場かどうか、雇用契約書や就業規則など読を熟読し、可能であれば事前に職場見学をさせてもらいましょう。
過剰な残業や、夜勤が連続しているなどの不規則勤務がないかをチェックするのもポイントです。

また、体調の関係で休養が必要になった際、遠慮なく休暇を取得できるルールが整備されているかも確認しておきましょう。
Web上に公開されている会社評判なども、ある程度の参考にはなるかもしれません。

福利厚生制度を上手に活用する

たとえば、医師の診断書があれば一定期間の休暇が取得できたり、産業医や保健師などに健康相談を受けられたりといった、福利厚生制度を遠慮せず活用しましょう。

また、年金などの社会保険制度積極的に活用してください。
社員が安定して長く働き続けられる制度があり、実際に使われていることは、社員と会社の双方にとってプラスになるでしょう。

良好な人間関係を作る

働くうえで大切になってくるのは、上司や同僚などとの良好な人間関係の構築に良好にあるでしょう。
睡眠障害の原因として挙げられるものの中には、人間関係からくるストレスも該当しています。

つらさを自分だけで抱え、周囲に過剰な配慮を強いられながら就業時間を過ごすことは、決して良いことではありません。
平時から良好な人間関係を構築し、必要なときに助け合える職場環境を作っていきましょう。

障害者雇用も検討する

睡眠障害は、うつ病などの精神障害が原因になるケースも少なくありません。
その場合は、「精神障害者保健福祉手帳」の取得も選択肢に挙げられるでしょう。

精神障害者保健福祉手帳を保持していれば、税制上の優遇措置が受けられ、交通などの公共サービスが無料または安価で利用できます。
就労に関しては、障害者手帳を取得し、障害者雇用枠で採用されるという選択肢もあります。

まとめ

この記事では、睡眠障害者の方が仕事をするためのポイントについて、障害の概要から課題・解決策について紹介しました。
障害がなかなか理解してもらえないことに苦しさを感じる場合もありますが、無理をせず周囲の理解と解決策を求めることで、何らかの答えが見つかるかもしれません。

睡眠障害に悩みながら求職活動をしている方にとって、この記事がお役に立てたならば幸いです。